老人性鬱病の症状
鬱病の克服
スポンサードサーチ


サブメニュー
お勧めリンク
■うつ病の初期症状

うつ病の初期には最初は具体的な体の不調を自覚します。眠れない、食欲がない、頭が重い、いつも疲れている感覚、動悸や息切れなどです。次に、今まで普通にしていたことがどんどん面倒になってきます。毎朝新聞を読んでいたのに読む気になれない、とか、外出するときも化粧をする気になれない、というかんじです。また、だんだんと服装が黒っぽくなってくるという統計も出ています。物事に対しての興味を失い、記憶力や判断力が低下します。それによって自信を失い、劣等感を抱き、自分を責めるようになります。

うつ病にかかりやすい人は、根がまじめで粘り強く、責任感のある人なので、状況の変化への無意味な取り越し苦労をしたり、他人に気を使いすぎたりすることから次第にうつ状態が進行していきます。他人に気を使うので、仕事はいつも通りにやり、人との対応にも平静を装うので、ぱっと見ではその人がうつ病だと気づかないことが多いです。

何ともないと思ってやり過ごしていると急に無気力になったり、寝込んでしまったりすることがあるので注意が必要です。

うつ病の発病には社会的原因が認められることが非常に多いです。その要因によって特殊な呼び方をするものがあります。いくつか例を挙げると、移民や強制収用などによって生活の根拠を突然失って起こる「根こそぎうつ病」、長く住みなれた家を離れたことによって起こる「引越しうつ病」、長いストレスから急に開放されたときに起こる「荷降ろしうつ病」などです。

ここで注目すべき点は、マイホームの新築・昇進・子供の結婚など、本来なら嬉しいはずのこともうつ病発病の要因になる、という点です。うつ病の原因はすぐ側に散らばっています。日々の暮らしに追われてばかりいるのではなく、自分自身をじっくりと見つめて、自分の気持ちやストレスをコントロールする機会を作れるといいですね。

Copyrightc 2008 utu-kokufuku.org