老人性鬱病の症状
鬱病の克服
スポンサードサーチ


サブメニュー
お勧めリンク
■仮面うつ病の症状

うつ病の一種に「仮面うつ病」というものがあります。これにはうつ病で特徴的な症状である憂鬱な気分などが見られません。身体の不調の症状のほうがが前面に出てくるので、「体の病気」という「仮面」をつけたうつ病ということで「仮面うつ病」と呼ばれています。

仮面うつ病の主な症状には以下のようなものがあります

  1. 休んだり寝たりしても疲れが抜けない
  2. 眩暈・立ちくらみ
  3. 頭が重い感じや頭痛がする
  4. 肩・首・背中がこる
  5. 胃が重い
  6. 動悸がする
  7. 痩せてきた

憂鬱だとか不安な気分が特になく、患者自身が普通の体の病気だと思うので多くは内科を受診することになります。身体的には特定の病気はないのですから当然検査をしても異常は見つからず、うつ病を見逃されてしまうことが非常に多いです。 確かに身体は辛いのに「異常なし」と言われてしまい、患者さんは行き場を失ってしまいます。周りの人がこの仮面うつ病を知らない場合、「サボりだ」とか「ノイローゼだ」とか「もっと頑張れ」だとか、最も言ってはいけない言葉を言ってしまったりする場合も多いです。そんなことをしてグズグズしているうちに病気はどんどん進行していき、「仮面」ではないうつ病になってしまいます。

しかし自分自身または周りの誰かが、「もしかして心理的病気なのかも…?」と思い、心療内科や精神科を受診すればうつ病と分かり、そこで適切な治療を受けることができます。適切な治療をすればうつ病は必ず治ります。

もしあなたが、原因不明の身体の不調に悩まされているなら、一度ぜひ心療内科や精神科を受診してみてください。きっと解決法が見つかりますよ。

Copyrightc 2008 utu-kokufuku.org