老人性鬱病の症状
鬱病の克服
スポンサードサーチ


サブメニュー
お勧めリンク
■うつ病になりやすい人の性格と克服

ストレスは誰もが持っているものです。うつ病は誰もがかかりうる病気です。でもかからない人もいます。うつ病になりやすい人、というのが確実に存在します。それは正確的な要素が非常に強いです。

うつ病になりやすい人の性格は

  1. 真面目で仕事熱心
  2. 几帳面で完璧主義者で責任感が強い
  3. 頑固で融通が利かない
  4. 何もかも自分で背負い込み、人に任せられない
  5. 他人が自分をどう見ているかが気になる

 

「責任感が強い」ということは、任務や自分が決めたことがうまくいかなかったとき、それをすべて自分のせいだとして自分を責める傾向があることを示します。また「人に任せられない」というのは人に相談しない、ということを意味し、うつの症状で辛いのに、なかなか病院へ行こうとしません。

本来はしっかりしていて頼りがいがあって、とてもすばらしい人なのですが、ひとたびうつ病にかかると、その性格がすべて裏目に出て、病気回復を遅らせる要因になってしまうのです。自分で自分の性格を直すことは容易ではありません。そこで大切になってくるのが、家族など、傍にいる人のサポートです。

「ゆっくり、あなたのペースでいいのよ」と声をかけて落ち着かせたり、病院に行くように促したりしてあげてください。少しずつ少しずつでいいので、固く閉ざされてしまった心を開いてあげてください。

うつ病は必ず治ります。でも患者一人ではどうすることもできません。周りの協力が必ず必要です。みんなが一丸となってうつ病を克服しましょう。

Copyrightc 2008 utu-kokufuku.org